第42回赤十字奉仕団員等災害救護訓練を開催しました(その2)

 第42回赤十字奉仕団員等災害救護訓練は令和2年10月8日の富士川町民会館を皮切りに、富士河口湖町民体育館(10/15)、南アルプス市健康福祉センター(10/28)、笛吹市の若彦路ふれあいスポーツ館(10/29)と4会場で開催しました。4回合計で、実際に訓練に参加した90名の奉仕団員と、参観した地区分区担当者や見学者等で総数140名に参加いただきました。指導員は赤十字防災ボランティアリーダー、青少年赤十字指導講師等、延べ23名でした。また、ご来賓として、笛吹市地区長であります山下市長をはじめ開催各地区、分区長にご臨席いただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

  当訓練は、新型コロナウィルス感染の蔓延により、感染症対策を徹底したうえで人員、日程ともに縮小して実施いたしました。参加者は各奉仕団数名に限定し、時間も1時間半と短時間でしたが、団の代表として熱心に取り組んで頂きました。この体験を、地域へ持ち帰って広めていただければと思います。当支部では、初めての感染症蔓延下での試みでしたが、気分不良者や負傷者等無く無事終了できたことは、ひとえに参加いただきました皆様のお陰であり、心より御礼申し上げます。

 


 


開会式(笛吹市会場)

 
フェイスガード組み立て(富士川町会場)


段ボールベッドの組み立て(富士河口湖町会場)

 
ベッド完成(南アルプス市会場)


ベッドのレイアウト(南アルプス市会場)

 
防護ガウン作成(笛吹市会場)