「バングラデシュ南部避難民救援金」の受付について

 平成29年8月下旬から、ミャンマー西部から隣国バングラデシュへ避難する人々が既に約39万人を超え、多くが行き場を失い、現地では水やシェルター、医療、食料などが不足し、医療機関や公的サービスは逼迫した状態が続いています。

 つきましては、各国赤十字社と国際赤十字・赤新月社連盟が実施する救援活動を支援するため、日本赤十字社本社において救援金の受付を開始します。

詳細については、こちらをご欄ください。