青少年赤十字活動研究指定公開研究会を開催しました


平成27年11月6日(金)に甲府市立南中学校、湯田小学校、伊勢小学校において「平成26,27年度山梨県青少年赤十字活動 研究指定公開研究会」を開催いたしました。

上記3校は昨年からの2年間、日本赤十字社山梨県支部より活動研究校として指定され、青少年赤十字活動の理念を生かした教育活動に取り組んでまいりました。特に今回の指定は、中学校区とその校区にある複数の小学校を含めた「地域指定」であり、小中連携・地域連携という今求められている内容が柱となっています。

この日は、県内外から教育関係者約200人にお越しいただいて3校同時の公開授業をそれぞれの学校で見学していただいた後に南中学校での全体会にご出席いただきました。

 

各校では青少年赤十字の態度目標である「気づき・考え・実行する」力を高める工夫を凝らした授業が展開されました。

また南中学校においては各校の活動をポスター発表する「ポスターセッション」や映像を交えた各校のプレゼンテーションも行われました。

 

日本赤十字社山梨県支部では、今後も青少年赤十字活動を活発に推進していくために研究指定を行います。来年度は県教育委員会の地域指定により、中央市立田富中学校、田富小学校、田富北小学校、田富南小学校が指定校として活動することとなっています。

 


DSC_3187.JPGのサムネイル画像   伊勢小IMG_4589 (2).JPGのサムネイル画像
甲府市立湯田小学校の様子   甲府市立伊勢小学校の様子



南中PB060190.JPGのサムネイル画像  
甲府市立南中学校の様子