「イラン・イラク地震救援金」の受付について

 平成29年11月13日(現地時間12日)、イランとイラクの国境付近の山岳地帯で
マグニチュード7.3の地震が発生し、建物の倒壊などにより、イランでは死者432人、
負傷者7,800人以上、イラクでも、死者9人、500人以上が負傷しています。

 

 現地赤十字社であるイラン赤新月社、イラク赤新月社は各国で、被害及びニーズ調査、
救援物資の配布、安全な水の供給、衛生促進活動、応急救護などを実施しています。



 つきましては、本災害の被災者に対する救援金の受付を開始します。



詳細については、こちらをご欄ください。