平成26年度 雪上安全法救助員養成Ⅰ及びⅡの開催について

  平成27年2月5日から8日にかけて、群馬県万座温泉スキー場において、本社が参加を呼びかけた雪上安全法救助員養成Ⅰ及びⅡが開催されました。当支部から職員指導員が1名参加しましたので、その状況を報告します。

2月5日は午後1時から救助員養成Ⅰが開催され受講生は8名と少人数ながら講義と実技(ロープワークと応急手当復習)を行い全員合格しました。

2月6日から8日までは救助員養成Ⅱで、雪上での訓練に入りました。受講生はⅠの8名と新たに12名がⅡから参加し、計20名となりました。

8日の午後閉講式を行い、全員無事修了することができました。検定合格者には後日救助員認定証が送付されます。

 


IMG_0886.JPGのサムネール画像写真①:総合訓練その1

 

 

@@@IMG_0892.jpgのサムネール画像写真②:総合訓練その2

 

(傷病者の山側に救助者はスキーで「✕」印をして、上から滑ってくるスキーヤーやボーダーに救助中であることを知らせる)   (傷病者の観察の結果、右下腿の骨の骨折の疑いがあったため、段ボールで副子を作成し患部を固定して搬送用具である「アキヤボード」に乗せている場面)