海外姉妹赤十字社職員が視察のため山梨県を訪問しました

8月4日に姉妹赤十字社職員(東ティモール赤十字社・カンボジア赤十字社・ミャンマー赤十字社)5名が日

本赤十字社山梨県支部を訪れました。

 

これは本社が実施する姉妹赤十字社への救急法普及支援事業の一環として実施されたもので、8月2日から

9日までの日本滞在期間のうち、山梨県には4日から5日にかけてお見えになりました。

山梨赤十字会館を訪れた一行は、支部職員からの赤十字の講習会運営に関する説明に続いて、当日実施して

いた高校生対象の救急法講習会を見学しました。

また翌5日には、富士河口湖町の山梨赤十字病院を訪れ、日本赤十字社の医療事業について視察・研修を行い

ました。

 

山梨県支部は、昨年救急法ボランティア指導員の有坂指導員を救急法等普及支援事業の一環としてカンボジ

ア赤十字社に派遣しています。

 


支部IMG_0456.JPGのサムネイル画像   @DSC_2594.JPGのサムネイル画像
山梨県支部にて   高校生対象救急法講習会見学の様子


 

高校生IMG_0479.JPGのサムネイル画像   病院IMG_0526.JPGのサムネイル画像
高校生対象救急法講習会見学の様子②   山梨赤十字病院にて