特殊奉仕団の種類と活動内容

無線赤十字奉仕団
アマチュア無線愛好家により構成され、災害時などにアマチュア無線を利用して救護活動や人命救助などの赤十字活動に協力するため活動しています。
安全赤十字奉仕団
赤十字救急法指導員を中心に構成され、「人間の苦痛を予防・軽減し、人間の尊重を確保する」という赤十字の人道を救急法などの講習会を通して具体的に実践しています。
救護赤十字奉仕団
柔道整復師を中心に構成され、特技を活かして臨時救護を中心に活動しています。
赤十字救援バイクV・Sやまなし
オートバイ愛好家を中心に構成され、日本赤十字社の災害救護活動を支援することを目的に活動しています。

青少年赤十字賛助奉仕団
青少年赤十字の指導者だった先生を中心に構成され、青少年赤十字の普及・推進を中心に活動しています。
拡大写本赤十字奉仕団
弱視者が必要とする通常の冊子や特に児童・生徒が使用する教科書や副読本を個人の見えやすさに応じて文字などを拡大し制作・配布する活動をしています。

山梨県拡大写本赤十字奉仕団ホームページへ