平成26年度第2ブロック支部青年赤十字奉仕団連絡協議会を開催しました

6月21日(土)22日(日)の両日、富士緑の休暇村(南都留郡鳴沢村)を会場とし、関東・新潟県・山梨県の青年赤十字奉仕団の代表者等により、今後の活動について協議しました。

 

「東日本大震災の被災者に対する支援活動継続と今後起こりうる非常災害への取り組み」「HIV/AIDS予防啓発活動」「青年赤十字奉仕団活動のネットワーク作り」などを中心に青年・大学生が「自分たちにできること」を議論しました。

 

参加者からは「雨のため間近で世界遺産の富士山を見ることはできなかったが、仲間と議論を行い自分たちの進むべき道は、はっきり見えた」との感想がありました。また、2日間の協議を終え、参加者には強い繋がりができたようです。

 

参加者の皆さま大変お疲れ様でした。今後の活動に期待いたします。

 

    

       参加者集合写真                                           代表者部会の様子

                                                                                                                                                                                                             

  IMG_4064.JPGのサムネール画像                                                                                             IMG_4070.JPGのサムネール画像